■LIVES

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■NOVAS ESQUINAS


このメモリアルなライブへの参加を前に、レオが溢れる思いを綴りました。
故郷ベロ・オリゾンチで音楽を始めた頃の貴重なエピソードが満載です。
(原文はこちら "NOVAS ESQUINAS"pagina1pagina2

“新しい街角”

まもなくブラジルで行う最初のライヴ(11月6日、リオのCCBBにて)は、親愛なるパウラ・サントーロ&バンドと、僕がインスピレーションを受けた、比類なく素晴らしい-僕にとって大切な音楽的模範のひとつ-ロー・ボルジェスとの共演です。パウラがこの素晴らしい一連の公演に参加するよう招いてくれてとっても嬉しく感動的でした。彼女が展開しているこの感嘆すべきプロジェクト、“新しい街角”は、ブラジル音楽においてあまりにも重要で、(スペイン語で言うなら)“モビーダ”のアーティストたちといいましょうか、「街角のクラブ」として知られている、70年代音楽の美として認知されている面々を隣にして、招かれた音楽家が出演するもので、「街角のクラブ」の重要性と、それが繰り返し与えている影響力に敬意を表すことがプロジェクトの目的です。

パウラのプロジェクトは、ミルトン・ナシメントとロー・ボルジェスという中心人物と、あの時代にブラジル音楽シーンで突出していた他の偉大な音楽家たちが参加した、「街角のクラブ」という名の、あまりにも際立ったレコードに対する、惜しみない感謝であり、捧げものなのです。

僕はパウラからの寛大な招待を受けるだけでなく、「街角のクラブ」へ、とりわけ、このレコードと、それに参加していた、ブラジルポピュラー音楽史上あまりにも重要な作品を産み出したアーティストたちへの僕の敬意を表したいのです。今年2012年は、この素晴らしいレコードは(発売後)40周年を迎えるんです!

Grupo de Solange Borges(1982)
(上)Nico Borges
(中左より)Guto Almeida, Noquinha, Leo
(手前)Solange Borges

青年時代、僕はベロ・オリゾンチの偉大な友人たちと共にバンドを組んでいて、僕らメンバーたちは「街角のクラブ」にとても影響を受けていました。僕らは「グルポ・カンフォラ」といって、サンタ・テレザ区のヂヴィノポリス通り、まさにボルジェス・ファミリーの家の前で練習をしていました。あの駐車場で僕らが練習できるようにしてくれたのは、偉大な友人であり、既にその頃から音楽仲間だった、親愛なるマルセロ・サルキス-バンドへの参加を誘ってくれたのは彼-でした。実を言うと、練習する場所としてすごくやりやすかったとは言えなかったです!...でも、この場所は僕の音楽家としての人生でとっても大切な場所でした。その場所は風通しがよくなかったけれど、練習に専念するという僕らの約束があったから、何度も、ドアを開けるのを忘れたものです(窓がなかったんです!)。

僕らはそこで長い時間を過ごしました、インスピレーション、専念する集中力、タバコの煙、そして、練習で産み出されるデシベル(音圧)の伝わりにむせかえりながら。それでも、ドアが閉まっているのに、いつも大音量な僕らの音楽は練習場の壁を越えて、だんだんと、近所で関心を呼び起こし、噂になり始めました。

僕らはいつも、週に何回もあの地下室で演奏していました、そしてついに、ある素晴らしい日、目の前に住んでいたローの妹のソランジ・ボルジェスが現れ、一緒に練習してライヴをしたいか、と僕らに聞いてきたのです!あの頃、僕がバンドで演奏していたのはドラムでした...僕はソランジの提案を受けてドラマーとして参加することになりました。グト・アルメイダはベーシスト、マルセロ・サルキスとシィウヴィーニョ・グラシアーノはソランジが準備していたアルバムの作曲家として働き始めていました。

ソランジはなんていい人だったか!僕らバンドの全員(マルセロ、シィウヴィーニョ、グト、ペドロ、僕)を、僕らの憧れの音楽「街角のクラブ」の形ある世界へと近づけてくれたのは彼女でした。ボルジェス・ファミリーの家にいて、彼女やニコと練習したり、ご両親と知り合って会話したり、ローやテロと音楽を聴いたり話したり、ボルジェス一家の各々から直接に学んだことは、音楽家としての僕の人生で最大な刺激のひとつでした。

それから数カ月ほど後、ドラマーになろうと試みた僕は、扱う楽器としては再びギターを選んだけれども、また、ドラマーとしてバンドに専念するため一時的に離れていたジャーナリズム課程へ戻ると決めたけれども、ボルジェス一家と共にした経験は僕にとって本当に決定的でした!

だから、僕にとって、「街角のクラブ」へ敬意を払うことは、世界中のあらゆる世代の音楽家やソングライターに影響を与え、今もなお驚嘆する、あのレコードを賛辞する、何かそれ以上のことなのです。僕が抱く敬意は、ベロ・オリゾンチのヂヴィノポリス通りのあの家、そこでインスピレーションを受け、楽しみ、他のアーティストたちと知り合い、学び、夢見た、また、夢見ることを学んだあの場所で出会った寛大さへの感謝でもあるのです。まず第一にソランジ・ボルジェスに感謝します!そして、君、パウラ・サントーロに!(君は僕の音楽人生の始まりの詳細を知らなかったと思います。)パウラ、君とまた演奏できること、君のバンドの素晴らしい音楽家たちと初めて演奏すること、そして、もちろん、君が与えてくれた、僕らのインスピレーションの源のひとつであり、議論の余地なく僕らの模範である、偉大なロー・ボルジェスと初めて演奏するこの機会が、僕はとっても嬉しいよ!とてつもない光栄だよ!招待してくれてどうもありがとう!

レオ・ミナックス
スポンサーサイト

■2012年11月、ブラジルにて


ただ今、ブラジルへ里帰り中のレオ、既報どおり、11月6日はいよいよ、
Paula Santoro(パウラ・サントーロ)、Lô Borges(ロー・ボルジェス)
と共演です。“Clube da Esquina(街角クラブ)”をトリビュートする
ライヴ・シリーズ、Clubeメンバーの中心人物ローを迎え、また、
レオ自身の音楽活動の原点がボルジェス一家に所縁深いことから、
ライヴ前から大感激なご様子のレオです。

そして!!!
最新アルバム“SEM TIRAR NEM PôR”が、DUBASから正式に発売決定!!!
DUBASは、“Clube da Esquina”の一員であり、Clubeメンバーの
数々の名曲を手掛けた作詞家、Ronaldo Bastos(ホナゥド・バストス)
が主宰するレーベルです。発売前の記念ライヴが、
出身地べロ・オリゾンチと、レーベル拠点リオ・デ・ジャネイロで行われます。

(おまけ)
10月はデンマーク人ジャズ・ピアニストSteen Rasmussen(スティーン・
ラスムッセン)に招かれ再びツアーをしてきたレオの後日談。
「デンマークのデザインは日本のと似てるんだよ、シンプルで木を使ってて。
 共通点を感じたよ。」
日本で北欧デザインが大人気なことを言うと、とても納得したようでした(笑)。
poster_denmark.jpg
photo by Leo

■Conciertos JUNIO: 10 (Madrid) y 18 (Málaga)

6/10の地元マドリードに続き、
今週6/18はアンダルシア地方マラガにてソロ・ライヴです。
20100618_Malaga.jpg

ちょうどFIFAワールド・カップ南アフリカ大会も始まったところ、
ブラジル人のレオは、"永遠のライバル"国、
アルゼンチン人のオジサンをライヴに誘っています(笑)↓↓↓


■4/8、FRED MARTINS & LEO MINAX @ Cafe Libertad 8 in Madrid


photo(Leo Minax) by Ale Megale

類は友を呼ぶというか、なんと言うか...。
レオがコラボレイトするミュージシャンは素晴らしい人ばかりですねぇ!

ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ州ニテロイ出身の、
シンガー・ソング・ライター、フレッヂ・マルチンス(Fred Martins)
ネイ・マトグロッソ(Ney Matogrosso)、ゼリア・ドゥンカン(Zelia Duncan)、
マリア・ヒタ(Maria Rita)などのMPBシーンを代表するミュージシャンに
曲を取り上げられたり、2006年には第9回Prêmio Visa賞の作曲家部門で
優勝するなど、彼の”よかメロ書き”な才能は誰もが認めるところです。
彼のルーツである、ボサノヴァやサンバへの回帰色を強めた、
最新作「GUANABARA」(2009)は日本でも評判が高かったようですね。

そのフレッヂの新譜を賞賛していたレオ、あっという間に共演を実現
させました。なんでも、フレッヂは今、スペイン北部ガリシア在住とのこと。
4/8に行われるマドリードでのジョイント・ライヴに先立ち、つい先日、
ガリシア地方(3/17:Santiago de Compostela、3/18:Pontevedra)で
行ったソロ・ライヴで、レオはフレッヂを招いて、一緒に演奏したそうです。
これから2人がどんなコラボレイトを見せてくれるのかとても楽しみです。

FRED MARTINS official site www.fredmartins.mus.br

■2/5 ソロ・ライヴ@Sala Barcelona 8 in Madrid

今週末は5ケ月ぶりの地元マドリードでのライヴです。

photo by Ale Megale

今回は、ちょいドキュメンタリー・タッチで?!(笑)

■11/10&15、FABIO CADORE convida LEO MINAX関連映像

今週、初共演するFabio Cadore(ファビオ・カドーレ)とレオ。
2人で作った曲「Horas e Horas」がコレです↓↓↓


ファビオがレオの曲「Rojo y Blanco」(アルバム”AULANALUA”に収録)
をカバーしています。う~ん、なんてメロウな...!
こんな「Rojo y Blanco」もあるんですねぇ。↓↓↓

■11/10&15、FABIO CADORE convida LEO MINAX



ブラジル、サン・パウロ出身のきらめく若い才能、
作曲家/ギタリスト/歌手のFabio Cadore(ファビオ・カドーレ)の
ライヴにレオがゲスト出演
します。
2人の友情はこの数年の間に始まったようですが、互いの音楽を介して
急速に仲を深め、これが公の場での初共演となります。
(check! → Fabio Cadore Official Site   Fabio Cadore Myspace

11/10 Ao Vivo Music @São Paulo
11/15 Vinnil Cultura Bar @Belo Horizonte

「曲と詞を(独りで)作るのに慣れてしまって、
僕はいつも、パートナーをほとんど持たない作曲家だった。
でもレオと知り合って初めて、音楽的にだけじゃなく、
詩的な問題も分け合いたいという気持ちになったんだ。
僕たちが初めて組んだ作品は(「Horas e Horas」)、
一方が曲を作り、もう一方は詞を作る、そんなお互いの
時間をまさに編み合わせたものだよ。」
(Fabio Cadore)

「たとえそれぞれの作品では違う道を進んでいるとしても、
(僕たちが一緒に作った曲に)表れた特徴を見れば、最高な結果が
得られたとわかる。お互いの関心や受けてきた影響を
僕たちは分かちあったんだ。」
(Leo Minax)

 (-以上、 Fabio Cadore Facebook Live Informationより引用抜粋訳)

↑冒頭のヴィデオ↑で使われたファビオの曲は、
彼のファースト・アルバム"Lúdico Navegante"(2008)に収録の
「Lírios e Veredas」、レオが特に推薦する素晴らしい1曲。
(筆者個人的にもベスト・チューンと思います。↓YouTubeで聴けます↓)

(音源はFabioのMyspaceでも聴けます)

彼のアルバム"Lúdico Navegante"は、
サウンド構築の洗練、ひねりある美メロ&ハーモニー、
クラシック出自の高度なギター・テク、クール・トーンなヴォーカル...と、
発売当時25歳(!)とはとても思えない熟度と落ち着きです。
(恐るべし、サン・パウロの潮流...)

■10/24 Leo Minax+BANDA S.L. de El Escorial インヴィテーション・ヴィデオ

“うんうん、今、日本にいるんだ
 前の電話ボックスに似てるけど違うんだよ
 横になってるんだ ...”



ちなみに、前の電話ボックスとはコレ↓


<2009/9/4 Solo Live Sala Barcelona8(Madrid) Invitation Video>
演奏の様子をこちらで紹介しています。

■10/24 Leo Minax+BANDAライヴ in San Lorenzo de El Escorial

10月24日、スペイン、マドリード近郊の美しい街、
サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル(Regina Piano Bar)で、
バンドと共に、"Da Boca Pra Fora"ライヴを行います。
メンバーは、Borja Barrueta(ds)、Huma(g)、Martin Leiton(b)。

■10/9 Leo & Borjaライヴ インヴィテーション・ヴィデオ

10月9日、スペイン北部バスク地方のビルバオ(COTTON CLUB)にて行う、
ボルハ・バルエタ(Borja Barrueta)とのデュオ・ライヴ。↓をどうぞ。



今回もまた日本で撮影された映像が使われていますが、
途中、偶然に現れた、怪しげにうごめくレンズのゴースト(緑色の丸い光源)
を気に入っていたレオでした。

Recent TrackBacks

Profile

equipe

ごあいさつ
当ブログのはじまりこれから
---
(Japan Solo Tour 2009 企画/主催)
ブラジル音楽工房サンバタウン
ぜじろぐ
(blog制作)
marikinha [admin_login]

Contact

name:
e-mail:
subject:
content:

!!! NOW ON SALE !!!

SEM TIRAR NEM PôR
(引きも足しもせず)
SEM TIRAR NEM POR buy at ブラジル音楽工房サンバタウン
buy at diskunion
buy at HMV
buy at Amazon.co.jp
buy at 大洋レコード
buy at TOWER RECORDS

DA BOCA PRA FORA DBPF buy at ブラジル音楽工房サンバタウン
buy at 大洋レコード
buy at fnac.es

AULANALUA AULANALUA buy at ブラジル音楽工房サンバタウン
buy at fnac.es
buy at iTunes Music Store

OFFICIAL VIDEOCLIPS

O AR PELO AVESSO 詳しく見る 
PREMEIRO AMOR 詳しく見る 
BOCA 詳しく見る 
ATÉ VOCÊ VOLTAR 詳しく見る
SAÚDE 詳しく見る

INTERVIEW

インタビュー 連載

Part.1から読む

Search

QR code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。