■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Avatar / Maria Eva Albistur



M 1. Dejar Vivir 詞・曲 / Maria Eva Albistur
M 2. La Danza De La Realidad 詞・曲 / Maria Eva Albistur
M11. Llevame a Ver Algo
      詞 / (poema de)Carlos Barbrito 曲 / Maria Eva Albistur


アルゼンチン/ブエノス・アイレス出身の、
新世代女性シンガー/コンポーザー/ギタリスト/ベーシスト、
マリア・エバ・アルビストゥル。レオとの縁は、彼の現バンド・メンバー、
ウーマ(Huma)がレオにマリアを紹介したのが始まりだった。
レオはアルゼンチン・ロックの影響を色濃く受けたマリアの音楽性に
深く興味を持ち、彼女はベーシストとして、また当時マリアの恋人だった
フェルナンド・サマレア(Fernando Samalea)はドラマーとして、
一時(2003~2004年頃)はレオのバンドに参加していた経緯がある。

マリアのセカンド・アルバム(2003年作)にレオはアコースティック・ギター、
コーラスで3曲に参加。ポップ・エレクトロニカな意匠に包まれ、
フェルナンド・サマレアによるバンドネオンやダルブッカが醸し出す
不思議情緒。マリア・エバの、背が高く長い手足に、ベースを抱えて
歌う容姿、そのファッショナブルでカッコイイお姉さん的ヴィジュアルとは
対照的な、どこか少女っぽいヴォーカルも魅力の1つ。
M1.「Dejar Vivir」はレオのアコギがかなり効いてます。

そのヴィデオ・クリップはこちら↓





■コメント

■Re: Avatar / Maria Eva Albistur [タニィ 谷本雅世]

わ~、いまさらですがレオとマリア・エバのつながりを知る事が出来てよかったです。
知らなかった~。
このアルバムは私も気に入っています。
コンピCD『トロピカリズモ・アルヘンティーノ』にもこのアルバムからの一曲が収録されていますね。

■Re: Avatar / Maria Eva Albistur [marikinha]

タニィさん、

コメントありがとうございます!
マリア・エバさんも、ルーカスくんも、
いっときマドリードに住んでたことがあるらしいので、
"響きあう"アーティスト同士、そばに暮らしていたら尚更、
つながりができるのは極自然な流れなのでしょうね。
コンピ盤収録の曲も異空感覚に溢れていますね。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Recent TrackBacks

Profile

equipe

ごあいさつ
当ブログのはじまりこれから
---
(Japan Solo Tour 2009 企画/主催)
ブラジル音楽工房サンバタウン
ぜじろぐ
(blog制作)
marikinha [admin_login]

Contact

name:
e-mail:
subject:
content:

!!! NOW ON SALE !!!

SEM TIRAR NEM PôR
(引きも足しもせず)
SEM TIRAR NEM POR buy at ブラジル音楽工房サンバタウン
buy at diskunion
buy at HMV
buy at Amazon.co.jp
buy at 大洋レコード
buy at TOWER RECORDS

DA BOCA PRA FORA DBPF buy at ブラジル音楽工房サンバタウン
buy at 大洋レコード
buy at fnac.es

AULANALUA AULANALUA buy at ブラジル音楽工房サンバタウン
buy at fnac.es
buy at iTunes Music Store

OFFICIAL VIDEOCLIPS

O AR PELO AVESSO 詳しく見る 
PREMEIRO AMOR 詳しく見る 
BOCA 詳しく見る 
ATÉ VOCÊ VOLTAR 詳しく見る
SAÚDE 詳しく見る

INTERVIEW

インタビュー 連載

Part.1から読む

Search

QR code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。