■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Sea / Jorge Drexler

sea.jpg

M3. Causa e Efeito  詞/Jorge Drexler 曲/Leo Minax

ウルグアイ出身、というよりも、今や南米を代表すると形容した方が
ふさわしい感のある在マドリードSSWホルヘ・ドレクスレルの7作目
(2001年)。レオは「お互いのライヴによく往き来していたんだよ」と
当時を振り返るが、そんな二人の親交から生まれたのはラヴ・ソング。

  “バルに座ってずっと君の愛を考えてた
  外を行き交う人の中に君を見たって言えればよかったのに
  でもわかってる
  君はここから一光年も遠い場所にいるってこと”

過ぎた愛を少し離れた目線で綴ったホルヘのフレーズと、
レオのせつな系・美メロが絡む名曲。
当ホルヘ・ヴァージョンではノイジーなギターやスクラッチ音を
被せるなどラウンジ的要素を盛り込んで演出。
レオのヴァージョンは「Stereo13」(2003)に収録、ぜひ聴き比べを!

「Causa e Efeito」誕生秘話 from LEO MINAX (←追記7/8)

Jorge Drexler and Leo (Festival Etnosur, Espanha, 2005)
ホルヘとはお互いのライヴに行き来して、いつも賞賛を送り合う仲ではあったんだけど、仕事のパートナーとして親しくなれたのは、彼が住んでたマドリード近郊の街で行った僕のライヴに彼が来てくれた時だった。ライヴで僕は彼の曲を演奏して彼はとても喜んでくれたんだ。僕は彼の家に招待されて、そうやって友情が始まった。僕たちは「Causa e Efeito」をまるで昔からのパートナーだったように、とても自然に作ったんだよ。僕がメロディーを送ったら、彼はとてもインスパイアを受けたみたいで、あっという間にすごく美しい歌詞を送り返してくれたんだ。大部分のウルグアイのミュージシャンがそうであるように、彼もブラジルのポピュラー音楽について詳しく知っていて賞賛していたから、その点も僕たちを引き合わせた共通点だと思うよ。彼は誰かと組んで曲を作ることはあまりしない人だから、この曲でパートナーを組めたことはすごく幸せに思ってる。

ホルヘは素晴らしい才能の持ち主で、また、いつもとても大らかなんだ。彼が既に有名になり始めていた頃、僕のアルバム「STEREO13」をブラジルに持って行ってくれて、例えば、モスカ(Moska)に僕の音楽を紹介してくれたんだ。彼はまたヴィトール・ハミル(Vitor Ramil)との仲を取り持ってくれた。僕がこの2人の偉大なアーティストとコラボレイトできたのもホルヘが種を植えてくれたからと言えるよ。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

Recent TrackBacks

Profile

equipe

ごあいさつ
当ブログのはじまりこれから
---
(Japan Solo Tour 2009 企画/主催)
ブラジル音楽工房サンバタウン
ぜじろぐ
(blog制作)
marikinha [admin_login]

Contact

name:
e-mail:
subject:
content:

!!! NOW ON SALE !!!

SEM TIRAR NEM PôR
(引きも足しもせず)
SEM TIRAR NEM POR buy at ブラジル音楽工房サンバタウン
buy at diskunion
buy at HMV
buy at Amazon.co.jp
buy at 大洋レコード
buy at TOWER RECORDS

DA BOCA PRA FORA DBPF buy at ブラジル音楽工房サンバタウン
buy at 大洋レコード
buy at fnac.es

AULANALUA AULANALUA buy at ブラジル音楽工房サンバタウン
buy at fnac.es
buy at iTunes Music Store

OFFICIAL VIDEOCLIPS

O AR PELO AVESSO 詳しく見る 
PREMEIRO AMOR 詳しく見る 
BOCA 詳しく見る 
ATÉ VOCÊ VOLTAR 詳しく見る
SAÚDE 詳しく見る

INTERVIEW

インタビュー 連載

Part.1から読む

Search

QR code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。